在庫なし

日本の美術 525号(2010年2月号) 文化財建造物の保存と修理の歩み

編著者名
(独)国立文化財機構/監修
判型
B5変型
商品形態
雑誌
雑誌コード
60071-10
図書コード
4100210-05-251
ISBNコード
発行年月
2010/01
販売価格
1,903 円(税込み)

内容


昭和41年(1966)創刊。国立博物館・文化財研究所が総力を結集して「日本の美」を追求します。古代から現代に至るまで、芸術・美術に関するテーマを特集し、日本における文化・芸術の深さを探ります。


古い社寺や近代の洋館などの歴史的な建造物は、貴重な文化遺産として国や地方行政などにより篤く保護され、必要に応じて保存修理工事が施されています。
こうした保存・修理の事業は明治時代の法制化以後、現在まで数多くの文化財建造物を対象に行われてきました。
本号では、社寺や城郭、古民家、近代建築など、多岐にわたる建造物の保存修理工事を、施工前後の写真や図面等を参照しながら解説していき、明治期から現代に至るまでの保存修理事業の歴史をたどります。

文化財建造物保存技術協会審議役 村上?一(「?」は「言偏に刃」/執筆
ISBN:978-4-324-08734-3


--------------------------------------


●はじめに

●古社寺保存法による保存と修理(明治30年・1897)
 ・古社寺保存法と古社寺保存金による保存修理
 ・復原論争
 ・西欧技術の導入による構造補強
 ・伝統的な技術による構造補強
 ・計画的な修理
 ・保存修理の方針

●國宝保存法による保存と修理(昭和4年・1929)
 ・維持修理の定義
 ・法隆寺と姫路城の保存修理――文化財建造物保存修理技術の確立
 ・法隆寺昭和大修理の成果
 ・第二次世界大戦と文化財建造物の保存

●文化財保護法による保存と修理(昭和25年・1950)
 ・民家の保存と修理
 ・近世社寺建築の保存と修理
 ・近代建築等の保存
 ・近代建築等の修理と整備活用
 ・登録有形文化財の保存と活用

●附論
 ・保存修理の技術的研究と成果

●図版目録





最近見た書籍

  • 教養・一般
    日本の美術 525号(2010年2月号)
    1,903円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    南三陸町 屋上の円陣
    1,944円(税込み)

売れ筋書籍ランキング