在庫なし

税理士のための相続をめぐる民法と税法の理解

民法<相続編>を逐条的に事例解説
編著者名
関根稔、間瀬まゆ子/編著
判型
A5
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107477-00-000
ISBNコード
978-4-324-08779-4
発行年月
2009/08
販売価格
3,086 円(税込み)

内容

2009年9月度・「税務・経営分野」単行本図書受注数ランキング(当社ウェブサイト経由)第1位!

--------------------------------------

税法の実務には、相続、遺贈、遺言、遺留分など、民法相続編に規定された言葉が頻繁に登場します。
特に、相続事案の処理では民法上の理解と税法上の理解が密接不可分に関連し合っていますが、税理士や弁護士がこれらの相続に絡む実務でミスをし、クライアントに多額の税負担を生じさせるケースが数多く報告されています。

本書は、総勢38名に及ぶ執筆者(弁護士、公認会計士、税理士)が徹底議論のうえ、民法の実務では最も頻繁に登場する相続編を民法的な視点、税法的な視点から、民法相続編(882条−1043条)を解読・解説した1冊です。

根拠となる裁決例・判決例についても、掲載資料とともに豊富に盛り込んでいます。



目次


1 総則
2 相続人
3 相続の効力
  総則/相続分/遺産の分割
4 相続の承認及び放棄
  総則/相続の承認/相続の放棄
5 財産分離
6 相続人の不存在
7 遺言
  総則/遺言の方式/遺言の効力/遺言の執行/遺言の撤回及び取消し
8 遺留分


--------------------------------------


編著者紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
 関根稔…せきね・みのる/税理士、公認会計士、弁護士
 間瀬まゆ子…ませ・まゆこ/弁護士

最近見た書籍

  • 税務・経営
    税理士のための相続をめぐる民法と税法の理
    3,086円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    統一地方選挙の手引 平成31年(予約)
    2,300円(税込み)
  • 行政・自治
    自治体法務の基礎から学ぶ 指定管理者制度
    2,700円(税込み)

売れ筋書籍ランキング