在庫なし

日本の美術 519号(2009年8月号) 和様の書

編著者名
(独)国立文化財機構/監修
判型
B5変型
商品形態
雑誌
雑誌コード
60071-04
図書コード
4100210-05-191
ISBNコード
発行年月
2009/07
販売価格
1,903 円(税込み)

内容


昭和41年(1966)創刊。国立博物館・文化財研究所が総力を結集して「日本の美」を追求します。古代から現代に至るまで、芸術・美術に関するテーマを特集し、日本における文化・芸術の深さを探ります。


和様の書とは、中国風の書(唐様)に対して、日本風の書のことを指す言葉です。
日本には独自の文字がなかったので、日本風の書が初めからあったわけではありません。
中国や朝鮮半島から日本に漢字が移入されました。
同時に、中国や朝鮮半島の書法も移入されたのです。
漢字という文字は、その成立の初めが万物事象をあらわす象形文字であったため、その字形は複雑で多様な美しい造形を持っています。
また、毛筆の発明以後は、その豊かな表現機能もあり、書はたえず美的追及がなされてきました。

島谷弘幸/著
ISBN:978-4-324-08728-2


--------------------------------------


●はじめに
日本人と文字の出会い/日本語表記のはじまり/仏教の渡来と写経/王羲之書法の将来と三筆 

●和様の成立と三跡の書
政治・文化の和風化/手本/菅原道真と三跡/小野道風/藤原佐理/藤原行成/藤原道長と藤原公任

●和様の写経
一巻経/一品経/消息経/その他の装飾経

●古筆
 1 仮名の成立(万葉仮名/草仮名/女手/片仮名/葦手)
 2 女手の完成
 3 世尊寺家の書と世尊寺流(世尊寺家の書/藤原伊房/藤原定実/藤原定信/藤原伊行/世尊寺流の書)
 4 仮名の展開

●平安後期から鎌倉初期の書
法性寺流/後京極流から弘誓院流へ/歌人の書

●鎌倉中期から室町時代の書
鎌倉時代中期から南北朝時代の書/室町時代の書

●安土桃山・江戸時代の書―寛永の三筆と和様の展開
近衛信尹/本阿弥光悦/松花堂昭乗/烏丸光広/和様における中国文化の影響/御家流の流行/復古和様

●さいごに 

●附論 書の見方
 
●図版目録

●参考文献





最近見た書籍

  • 教養・一般
    日本の美術 519号(2009年8月号)
    1,903円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    三段対照 廃棄物処理法法令集 平成29年
    4,320円(税込み)
  • 行政・自治
    平成29年度 住民税のしおり
    140円(税込み)

売れ筋書籍ランキング