在庫僅少

弁護士専門研修講座 消費者法の法的論点と実務

編著者名
東京弁護士 会弁護士研修センター運営委員会/編
判型
A5・336ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107154-00-000
ISBNコード
978-4-324-08127-3
発行年月
2009/01
販売価格
3,703 円(税込み)

内容

「消費者法」の問題点について具体的に触れ、専門家が自らの経験や知識をもとに解説する実務書。
特定商取引法の改正(平成20年改正)を織り込んだ、最新の内容です。

消費者事件は、弁護士の手腕が最も発揮される分野です。
相談件数も多く、古くはネズミ講から始まり、マルチ商法、キャッチセールス、展示会商法、催眠商法、悪質リフォーム詐欺、先物取引等、様々な形態の事件が発生しています。

本書はこれらの事件について、その処理方法を詳細に解説いたします。
東京弁護士会消費者委員会の中枢にいる弁護士が講師を担当。
(1)消費者契約法の実体法の解説、
(2)特定商取引法及び割賦販売法に関する事例の掲載、
という構成で、専門かつ実務的な内容で消費者法の最前線の事例とその問題点を紹介し、事件処理のノウハウを伝授します。



目次


1 消費者契約法(弁護士 佐々木幸孝)
2 特定商取引法・割賦販売法1(弁護士 平澤慎一)
3 特定商取引法・割賦販売法2(弁護士 瀬戸和宏)
4 消費者取引不法行為(弁護士 大迫惠美子)

最近見た書籍

  • 法曹・法務
    弁護士専門研修講座 消費者法の法的論点と
    3,703円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    リーダーズ・ライブラリ Vol.12(予
    1,458円(税込み)
  • 税務・経営
    働き方改革時代の労務トラブル解決事例
    2,268円(税込み)

売れ筋書籍ランキング