立ち読み
在庫なし

月刊 悠+(はるかプラス) 2008年10月号

編著者名
ぎょうせい/編集
判型
A4変型
商品形態
雑誌
雑誌コード
17593-10
図書コード
7140001-08-100
ISBNコード
発行年月
2008/09
販売価格
823 円(税込み)

内容

校長・教頭から教務主任・研究主任まで、スクールリーダーの実践を強力に支える学校現場のための教育誌。
毎号2つの特集でテーマにじっくり取り組み、タイムリーな問題にも柔軟に応えます。

誌面連動ウェブサイト「Web悠+(ウェブはるかプラス)」(メルマガ登録もこちらから!)も開設し、より役立つ情報をお届けいたします。
--------------------------------------


【特集:新教育課程に求められる教育委員会力】

本年1月の中教審答申は、新教育課程に向けて取り組む学校現場に対する教育条件の整備や、地域の教育力向上への一層の指導力を教育委員会に求めています。
本特集では、小中学校の教育条件を整備する市区町村教育委員会が今、小中学校の改善向上を支援するために何を求められているのか、考え方や具体的取組みを展望します。

●巻頭論文
 ニーズに応える教育施策の推進と学校支援ストラテジー
  /九州大学大学院教授 八尾坂修

●各学校の主体性を生かした教育プランづくりを
  /新潟県上越市教育長 小林毅夫

●事例
 ・“現場主義”のカリキュラム開発めざす
  /上越市教育委員会
 ・「横浜版学習指導要領」を核にした学校支援
  /横浜市教育委員会
 ・「ひろしま型カリキュラム」構築と検証進む
  /広島市教育委員会

●論文
 知識経営を核とした学校改善のシステムづくりを
  /筑波大学大学院准教授 水本徳明

●資料
 中央教育審議会答申「幼稚園、小学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について」(抜粋)

●提言
 「動く教育委員」からの発信
  /宮城県七ヶ浜町教育委員会教育長 中津川伸二

●各学校の主体性を生かした教育プランづくりを
  /新潟県上越市教育長 小林毅夫


--------------------------------------


【第2特集:モンスターを生まない保護者対応】
●巻頭言
 「モンスター」と呼ぶのはやめて、子どものために手をつなごう
  /大阪大学大学院教授 小野田正利

●論文
 クレームに潜む本音を見抜こう
  /日本教育カウンセラー協会上級教育カウンセラー 植草伸之

●事例
 学校と地域をつなぐ支援体制が子どもの学びを保障する
  /京都市教育委員会指導部生徒指導課

●提言
 保護者との信頼関係を構築しよう
  /ジャーナリスト 多賀幹子


--------------------------------------


【直言・日本の教育――私はこう考える】
子どもたちに「人間学」の基本を伝えよ
百瀬創造教育研究所所長 百瀬昭次さん


--------------------------------------


【シリーズ・新教育課程】
●新課程と学校経営戦略
 言語活動と体験活動の充実
  /千葉大学教授 天笠茂

●実践・“活用型”授業づくり
 各教科の“活用型”授業づくり その2「小学校社会科」
 知識を活かして学ぶ授業へ
  /横浜市教育委員会首席指導主事 斉藤一弥
  /山形県中山町立長崎小学校教頭 大谷敦司

●テーマから読む現場の研究課題
 テーマ:共通理解事項(その6) 新しい視点に立つ授業創造への挑戦(上)
  /岐阜女子大学教授 有薗格


--------------------------------------


【好評連載】

●仕事師たちの群像
 廃てんぷら油で車が走る!まちのエコ・ステーション
 エコ・ガソリンスタンド経営者 青山裕史さん
  /関原美和子

動向を読む(加藤隆寛)/教育深化論プラス(森隆夫)/スクール・コンプライアンス講座(菱村幸彦)/次代を担うニューリーダーの条件(元兼正浩)/“主任力”で学校を動かそう!(角田明)/尾木直樹の共育時評/続“おいしい授業づくり”の厨房拝見!(江間史明)/教師の言葉力(野口芳宏)/新教師の技・子どもの知恵(奈須正裕)/授業訪問!ひとりんのLet'sICT活用(中川一史)/Win&Winでパートナーシップ(岸裕司)/教育改革最前線(大脇康弘)

●教育insight
 ・レポート
  ふるさと子ども夢学校フェアin東京開催!
  文部科学省が「子どもの読書活動と学校図書館に関する広報リーフレット」を作成
 ・我が校へようこそ
  北海道洞爺湖町立洞爺湖温泉小学校
  広島県三次市立塩町中学校
 ・ニュース解説
 ・digest
 ・公開研究会のおしらせ

●特別寄稿――我が国の漢字教育を考える[後編]
 真の「国語力」を育てるために漢字指導はどうあるべきか
  /NPO法人ILEC言語教育文化研究所専務理事 篠田信司


--------------------------------------


【エッセイ&コラム】
●桂文我のちょっと“一石”
 子ほめ
  /落語家 桂文我

●アスリートひそひそ話・拡大版
 感謝、感激、雨あられ
  /スポーツコメンテーター 奥野史子

●TUNE UP SCHOOL
 はなが咲いた
  /ミュージシャン、音楽プロデューサー 深田悦之

●泣き笑いホットライン
 高級な洗顔フォーム
  /白梅学園大学准教授 増田修治

●くらしは?でいっぱいだ
 カーナビの仕組み
  /サイエンス・ナビゲーター 桜井進

●BOOKS
 著者訪問 山本直治さん/書評/あ・ら・かると/編集者発いちおし新刊紹介

知恵の泉(外山滋比古)/珠玉のメッセージ(漆原智良)/海中はロマンの宝庫(井上たかひこ)/続・いいmail from八ヶ岳(松田力)/美しい日本のことば(中西進)/Let's Puzzle out♪/管理職試験のポイントQ&A/手道具再発見(高部篤)/掲示板/編集室/今月のWeb悠+


--------------------------------------


【カラーページ】
●原日本を探して
 荒城の月を連想させる竹田の風流
  /宮嶋康彦

●天上の眼・地上の綾
 油絵のパレット
  /豊高隆三

●食彩西東
 飼料高騰で国民食にも影響
  /フードプロデューサー 小倉朋子

●季節の花便り
 蜜泥棒にご用心!
  /山下喜一郎

●ここに技あり!伝統の手仕事
 九谷焼

●行ってみたいやってみたい全国体験SPOT
 ゆうばり体験塾





図書分類

最近見た書籍

  • 教育・文化
    月刊 悠+(はるかプラス) 2008年1
    823円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    地方選挙の手引 平成31年
    2,300円(税込み)
  • 税務・経営
    先取り平成31年度税制改正(予約)
    1,512円(税込み)

売れ筋書籍ランキング