在庫なし

逐条解説 住宅瑕疵担保履行法

編著者名
国土交通省、住本靖、高橋正史、豊嶋太朗、望月一範、盛谷幸一郎/著
判型
A5・230ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107292-00-000
ISBNコード
978-4-324-08325-3
発行年月
2007/12
販売価格
2,619 円(税込み)

内容



2007年5月末「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」が成立しました。
本書は、同新法の円滑な施行や運用のため、立法担当者が逐条で解説するものです。

欠陥住宅の補償を確保するための保険や供託制度など、
構造計算書偽装問題以降の法律・制度改正の仕組みと全体像等、
詳しい内容がよくわかる、法律家や行政の実務担当者、きちんと学びたい人のための1冊です。

※「特定住宅瑕疵担保責任履行の確保等に関する法律」とは、
耐震強度偽装の再発防止策・被害者救済策の一環として、
建築基準法、建築士法の改正に続いて制定された新法。
欠陥住宅の被害者(消費者)を補償するため、
新築住宅の売主に「欠陥住宅保険」の加入か、補償に充てる資金の供託を義務付ける。

目次


  1 総論編
   背景・経緯/全体像

  2 逐条編
   総則(1−2条)
   住宅建設瑕疵担保保証金(3−10条)
   住宅販売瑕疵担保保証金(11−16条)
   住宅瑕疵担保責任保険法人(17−32条)
   住宅瑕疵担保責任保険契約に係る新築住宅に関する紛争の処理(33−34条)
   雑則(35−38条)
   罰則(39−43条)
   附則

  3 資料編





最近見た書籍

  • 行政・自治
    逐条解説 住宅瑕疵担保履行法
    2,619円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)
  • 教育・文化
    2019年改訂指導要録対応 シリーズ・学
    2,640円(税込み)

売れ筋書籍ランキング