月刊 判例地方自治 2018年11月号

(通巻438号)
編著者名
地方自治判例研究会/編集
判型
B5
商品形態
雑誌
雑誌コード
図書コード
7127001-18-110
ISBNコード
発行年月
2018/10
販売価格
1,296 円(税込み)

内容


地方公共団体が当事者となっている行政・民事の裁判例(地方自治判例)を収録。
重要判例には解説等を登載。
あわせて、連載講座や訴訟情報など実務記事も多数収録。

年間購読料は、16,848円(税込、送料込、「索引・解説号」を含む計13号)です。
年間購読をご希望の方はこちらからお買い求めください。




連載・記事


○はんれい最前線
 環境保全協定は契約 民間団体との協定の法的効力に留意を
  弁護士 奥宮京子/川崎市 高橋哲也

○自治体法務の風を読む
 第44回 市民対応に悩んだ時のポイント
  弁護士(西東京市総務部総務法規課副主幹) 竹重勇輝

○地方行政判例解説
 高校のバドミントン部練習中の事故に関する国家賠償請求事件
  青山学院女子短期大学教授 信澤久美子

○特別寄稿
 地方議員の兼業禁止に関する最近の動向と今後の課題
  小松島市法務監・弁護士 中村健人

○市町村アカデミー・コーナー
 「幸福学」から考える職場づくり① ――幸せの測り方
  慶應義塾大学大学院教授 前野隆司

○法律相談
 いじめを苦にした児童・生徒の自殺等と地方自治体の責任
  弁護士 大田裕章

○条例ナビ
 鳥取県星空保全条例

○訴訟情報
 65歳介護保険移行合憲――広島地裁判決ほか


判決紹介


<議  会>
◎埼玉県議会政務調査費返還請求控訴事件・埼玉県
埼玉県議会の2会派が平成23年度及び平成24年度に交付を受けた県政調査費並びに平成25年度に交付を受けた政務活動費を違法に支出したと主張して、各会派に支払を請求することを求める住民訴訟の控訴審において、各会派の支出が使途基準に合致しないとはいえないとして、被控訴人(一審原告)の請求を一部認容した原審判決を取り消し、被控訴人の請求を棄却した事例
 〔東京高平成30年4月18日判決〕

<税  務>
◎審査決定取消請求控訴事件・長岡市
市街化区域内にある農地を宅地並みの価額で評価したことが違法であると主張して、控訴人の審査の申出を棄却した固定資産評価審査委員会の決定の取消しを求めた訴訟の控訴審において、登録価格の決定は適法であるとして、控訴人の請求を棄却した原審判決が維持された事例
 〔東京高平成29年3月9日判決〕

○貯金債権の差押処分取消等請求事件・前橋市
滞納していた市県民税及び国民健康保険税の徴収のために前橋市長によって貯金債権の差押処分を受けた原告が、差押処分は差押禁止債権を差し押さえたものであるから違法であると主張して、不当利得の返還及び損害賠償の支払等を求めた訴訟において、差押処分が実質的に給与自体を差し押さえることを意図して行ったもので違法であるとして、原告の請求が一部認容された事例
 〔前橋地平成30年1月31日判決〕

○預金債権の差押処分取消等請求事件・前橋市
滞納していた固定資産税の徴収のために前橋市長によって預金債権の差押処分を受けた原告が、差押処分は差押禁止債権を差し押さえたものである等の理由で違法であると主張して、不当利得の返還及び損害賠償の支払等を求めた訴訟において、差押処分が実質的に年金自体を差し押さえることを意図して行ったもので違法である等として、原告の請求が一部認容された事例
 〔前橋地平成30年2月28日判決〕

<教育・文化>
○市立保育所廃止処分取消等請求事件・高石市
1 市町村が設置した保育所を廃止する条例は、その廃止の理由に係る判断、当該保育所に入所している児童に対する処置、廃止の時期や財産の処分等について、裁量権の範囲を超え又はその濫用があった場合に違法となると解すべきである。
2 市の行った市立保育所設置条例の改正による保育所の廃止処分につき、保育所の園舎建て替えの必要性、保育所の民営化による財政上の効果や多様な保育ニーズへの対応、廃止処分に至る手続や保育内容の引き継ぎなどの諸点をみても、本件の保育所の廃止処分には、その裁量権の範囲を超え又はその濫用があったとは認められないとされた事例
 〔大阪地平成29年5月18日判決〕

<環境・衛生>
○公園内のテント除却代執行に関する損害賠償請求事件・大阪市
大阪市内の都市公園にテント・小屋掛け等を設置していた原告が、大阪市長から都市公園法27条1項に基づくテント等の除却命令を受け、引き続き、行政代執行法に基づき行政代執行を受けたことについて、行政代執行が違法であるとして、損害賠償を求めた訴訟において、行政代執行は違法とはいえないとして請求が棄却された事例
 〔大阪地平成29年5月12日判決〕

○食中毒発生による営業停止命令取消請求事件・和歌山県
御坊市から委託を受けて給食用副食の調理等の業務を行う原告が、保健所長から受けた営業停止処分の取消しを求めた訴訟において、営業停止処分には理由の提示に不備があり、手続的違法性が認められるとして請求が認容された事例
 〔和歌山地平成29年10月27日判決〕

<道  路>
◎道路転落事故損害賠償請求控訴事件・奈良県御杖村
父親が村道から隣接する河川に転落して死亡した事故に関し、村道部分に防護柵や照明が設置されていなかった瑕疵があると主張して、父親の子である控訴人らが損害賠償を求めた訴訟の控訴審において、道路に設置管理の瑕疵はないとして控訴人らの請求を棄却した原審判決が維持された事例
 〔大阪高平成29年8月30日判決〕


判決概要紹介


<警  察>
◎警察署留置施設内の配達物に関する国家賠償請求控訴事件・奈良県
 〔大阪高平成29年6月15日判決〕

図書分類

最近見た書籍

  • 行政・自治
    月刊 判例地方自治 2018年11月号
    1,296円(税込み)

新着書籍

  • 教育・文化
    リーダーズ・ライブラリ Vol.12(予
    1,458円(税込み)
  • 税務・経営
    働き方改革時代の労務トラブル解決事例
    2,268円(税込み)

売れ筋書籍ランキング