品切れ・増刷予定なし

平成28年度 国語に関する世論調査 コミュニケーションの在り方・言葉遣い2

編著者名
文化庁 文化部 国語課/編
判型
A4・186ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5181206-00-000
ISBNコード
978-4-324-10401-9
発行年月
2017/09
販売価格
4,070 円(税込み)

内容

毎年、テレビや新聞でニュースになる世論調査の結果を収録した唯一の1冊。

今年は前年テーマの続編、コミュニケーションの在り方・言葉遣い2として、
「毎日使っている日本語を大切にしているか」「「美しい日本語」があると思うか」
「これからの時代の敬語はどうあるべきか」「情報化の中でのコミュニケーション」
「場面ごとの言葉遣いの感覚」などを調査しています。

目次


Ⅰ 調査の概要

Ⅱ 調査結果の概要
 1.コミュニケーション能力は重要か
 2.コミュニケーション能力とはどのようなものか
 3.相手との伝え合いで重視していること
 4.意見の表明や議論などについての意識
 5.言葉遣いによる影響
 6.言葉遣いで困っていること
 7.今後必要な言葉に関わる知識や能力など
 8.コミュニケーションに大切な態度
 9.意見交換に必要な態度
 10.敬語の使用による影響
 11.コミュニケーションを図るために歩み寄るべき側
 12.定型の挨拶の言葉
 13.挨拶をするか
 14.受け入れやすいと感じる話し方
 15.「炎上」を目撃した際に書き込みや拡散を行うか
 16.「炎上」という現象を好ましいと思うか
 17.本音を伝えやすい手段・方法
 18.誤解やトラブルを招きやすい手段・方法
 19.初対面の相手に依頼する方法
 20.文字で伝えるときに重視すること
 21.国や自治体が発信した情報を得るための媒体
 22.国や自治体が情報を発信する際に配慮してほしいこと
 23.ふだんの言い回し
 24.相手の呼び方
 25.気になる言い方
 26.聞いたこと,使ったことがある表現
 27.慣用句等の意味
 28.慣用句等の言い方

Ⅲ 調査票

Ⅳ 標本抽出方法

Ⅴ 集計表

最近見た書籍

  • 教育・文化
    平成28年度 国語に関する世論調査 コミ
    4,070円(税込み)

新着書籍

  • 税務・経営
    実務にすぐ役立つ 改正債権法・相続法コン
    3,190円(税込み)
  • 税務・経営
    ケーススタディ税理士実務質疑応答集 個人
    2,750円(税込み)

売れ筋書籍ランキング