日本の領土があぶない

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
矢野義昭/著
判型
B6・180ページ
商品形態
単行本
雑誌コード
図書コード
5107910-00-000
ISBNコード
978-4-324-09572-0
発行年月
2013/06
販売価格
1,572 円(税込み)

内容

領土・領域を守るために、国、自治体は何をすべきか?
我が国が抱える領土問題の本質に迫る!

◆明治以降の公的資料を読み解き、「北方領土」「尖閣諸島」「竹島」の経緯、相手国の主張の当否等を振り返ります。

◆その上で共通的な教訓を明らかにして、領土・領域を守るために我が国(国、自治体)としてどのように対応していくべきかを明示します。

◆国際情勢のパワーバランスによる駆け引きや現行法制上で国や自治体ができること、できないこと、そして今後すべきことを整理した1冊です。

目次


1 領域主権の国際法的根拠

2 尖閣問題
 1 問題発生の経緯
 2 公的資料でみる日本と中国の主張
 3 中国の主張に対する日本の結論
 4 その他の尖閣諸島が日本領土とする根拠
 5 中国の領土拡大の事実
 6 米国の姿勢はどのようなものか

3 竹島問題
 1 問題発生の経緯
 2 公的資料でみる日本と韓国の主張
 3 韓国側の主張とそれに対する日本の反論
 4 米国の姿勢はどのようなものか

4 北方領土問題
 1 問題発生の経緯
 2 公的資料でみる日本の立場
 3 ソ連・ロシア側の主張と日本の反論
 4 ソ連による占領、併合の無法性の証拠
 5 メドヴェージェフ大統領の国後訪問の背景と狙い
 6 日本側の失策
 7 問われるべき米国の責任
 8 ロシア軍の高まる接近拒否能力と北方領土の軍備強化

5 教訓と今後の対応
 1 日本の領土に関する教訓
 2 リアリズムと抑止理論から見た領土問題への対応策
 3 各国の連携への対応及び国力の培養、主権護持の意志の重要性

6 領域を守るために国、自治体等がなすべきこと
 1 領域主権を守るため不可欠の陸海自衛隊への警備権限付与
 2 『武力攻撃事態対処法』にみる地方公共団体等の役割
 3 『国民保護法』のポイントとそれぞれの責務



--------------------------------------


編著者等紹介(肩書は発刊当時、敬称略)
【編著者】
矢野義昭…やの・よしあき
昭和47年京大工学部機械工学科卒。同文学部中国哲学史科に学士入学、昭和49年卒。同年陸上自衛隊久留米幹部候補生学校に入校。美幌第6普通科連隊長兼美幌駐屯地司令、第一師団副師団長兼練馬駐屯地司令などを歴任。平成18年小平学校副校長をもって退官(陸将補)。拓殖大学大学院国際協力学研究科博士後期課程(安全保障)修了。核抑止論、対テロ、情報戦などについて研究。著書に『核の脅威と無防備国家日本』(光人社)、『日本はすでに北朝鮮核ミサイル200基の射程下にある』(光人社)、『あるべき日本の国防体制』(内外出版)などがある。

最近見た書籍

  • 行政・自治
    日本の領土があぶない
    1,572円(税込み)

新着書籍

  • 教養・一般
    閑居暇なし
    1,980円(税込み)
  • 税務・経営
    月刊 税理 2019年10月臨時増刊号 
    1,935円(税込み)

売れ筋書籍ランキング