月刊 法律のひろば 2019年5月号 特集:ビッグデータと個人情報

クレジットカード払い・コンビニ支払い・請求書払い 対応

編著者名
ぎょうせい/編
判型
B5
商品形態
雑誌
雑誌コード
08029-05
図書コード
7116001-19-050
ISBNコード
発行年月
2019/05
販売価格
880 円(税込み)

内容

実務家のための法律専門誌。
最新の法律問題を実務・理論の両面から分析し、最新・重要判例の評釈・研究も多数掲載。
各界権威の執筆陣・立案担当者による重要新法や改正法の解説に好評をいただいています。
年間購読をご希望の方はこちらからお買い求めください。

--------------------------------------


特集:ビッグデータと個人情報

 平成29年5月に、改正個人情報保護法が施行されました。改正法では、「匿名加工情報」の新設により、パーソナルデータを含むビッグデータの適正な利活用環境が整備されました。施行から約2年が経過した5月号では、「ビックデータと個人情報」と題し、行政におけるデータの利活用の法的課題や、日・中・韓とシンガポールの民事訴訟のIT・AI化の現状、個人情報漏洩・個人情報無断利用と消費者被害の救済といった観点からの論考を掲載します。

■行政が保有するパーソナルデータの利活用の現状と法的課題
 /榎本洋一(東京都総務局総務部訟務担当課長)

■AI診療の法的課題
 /西口 元(弁護士、山東大学(中国)法学院日中韓法律研究センター顧問、元早稲田大学大学院教授)

■民事訴訟のIT・AI化  〜日本・中国・韓国・シンガポールの現状〜
 /西口 元(弁護士、山東大学(中国)法学院日中韓法律研究センター顧問、元早稲田大学大学院教授)・胡 光輝(北陸大学経済経営学部教授)・チェ ユヒ(釜山国立大学法科大学院)・野原俊介(弁護士・ニューヨーク州弁護士)

■個人情報漏洩・無断使用と消費者被害の救済  ―集団的消費者被害回復制度の視点から
  /島川 勝(大阪市立大学名誉博士・弁護士)

■現代社会におけるデータの複合的性質  ―EU一般データ保護規則及びその周辺領域の展開を中心に
 /カライスコス アントニオス(京都大学大学院法学研究科准教授)


◆連載◆

保険判例研究 第45回 保険判例研究会
 傷害保険における「不慮の事故」該当性〜総合格闘家の練習中の事故〜
 /江草正悦(第一生命保険株式会社保険金部)


--------------------------------------
ひろば時論
■東京区検道路交通部における三者即日処理
■外国法事務弁護士制度を巡る現状と課題

●ひろばの書棚『相続のチェックポイント 実務の技法シリーズ3』
●ひろば法律速報
●訟務情報


次号予告:「組織内弁護士の今と未来」

 弁護士の働き方の1つの形態として、企業内や行政機関の中で働く“組織内弁護士”が増えています。6月号では、この組織内弁護士を取り上げます。組織内弁護士の現状を統計などから概観し、組織内弁護士を取り巻く現代的課題について、また企業や自治体など、各分野で実際に活躍する弁護士による論考を掲載します。

図書分類

最近見た書籍

  • 法曹・法務
    月刊 法律のひろば 2019年5月号 特
    880円(税込み)

新着書籍

  • 行政・自治
    データ活用で地域のミライを変える!課題解
    2,310円(税込み)

売れ筋書籍ランキング