ページ内移動用のリンクです


よみがえれ釜石!

よみがえれ釜石!

〜官民連携による復興の軌跡〜 

編著者名 枝見 太朗
判型 A5
体裁 単行本
定価(価格) 1,944円(税込み)
本体 1,800円
ISBN 978-4-324-09798-4
図書コード 5108038-00-000
発行年月日 2014年04月01日
電子書籍定価(価格)  1,944円(税込み)電子書籍
電子書籍本体  1,800円
   書籍(紙)   電子書籍
      シェア

内容

民間のノウハウをいかした住民主体の取り組みが地域の未来を創る!

◆釜石市では、民間ノウハウを取り入れながら国の補助支援を有効に活用したさまざまな取り組みにより、早期の復興を成し遂げています。

◆被災した飲食店を支援するキッチンカープロジェクト、牡蠣養殖を復活させる里海プロジェクト、商店街復興を推進する大町プロジェクトなど、官民連携により実現した様々なプロジェクトの経緯から現状までの具体的な事例が満載。

○本書は、プロジェクトに直接かかわった著者が、様々な人たちとの交流を通して地域住民やNPOを巻き込み、市と協働する姿を赤裸々に綴った実録の書。

○震災復興関係者のみならず、官民連携による住民参加型まちづくりの具体的な事例集として、まちづくり関係者に特にお勧めの一冊。


目次


プロローグ

第1章 釜石との出会い

第2章 私たちにできること

第3章 動き出したかまいしキッチンカープロジェクト(KCP)

第4章 プロジェクトの内容

第5章 株式会社釜石プラットフォームの誕生

第6章 民間からの支援の輪広がる

第7章 帯広市の北の屋台

第8章 それぞれの東日本大震災

第9章 震災復興施策と「新しい公共」の推進―補助金事業の実施内容とその成果―

第10章 災害とボランティア

第11章 大町ほほえむスクエアの誕生

第12章 釜石市復興計画 フロントプロジェクト

第13章 フードバレー・ネットワーク構想

第14章 よみがえれ釜石

エピローグ 震災が教えてくれたもの

図書分類


ページ上部へ