ページ内移動用のリンクです


月刊 法律のひろば 2015年7月号 特集:空き家問題―対策と活用方法を考える

月刊 法律のひろば 2015年7月号 特集:空き家問題―対策と活用方法を考える

編著者名 ぎょうせい/編
判型 B5
体裁 雑誌
定価(価格) 864円(税込み)
本体 800円
雑誌コード 08029-07
図書コード 7116001-15-070
発行年月日 2015年07月01日
  • 年間購読のご注文
      シェア

内容

実務家のための法律専門誌。
最新の法律問題を実務・理論の両面から分析し、最新・重要判例の評釈・研究も多数掲載。
各界権威の執筆陣・立案担当者による重要新法や改正法の解説に好評をいただいています。

年間購読料は、10,368円(税込、送料込)です。
年間購読をご希望の方はこちらからお買い求めください。


--------------------------------------

特集: 空き家問題―対策と活用方法を考える


 昨年制定された空き家対策特別措置法が本年5月27日に全面施行され、防犯や防災面で問題がある「特定空き家」について、場合によっては市町村の強制撤去が可能になりました。また、同月公表されたガイドラインでは「特定空き家」の判断基準が示されました。

  本号では、「空き家問題―対策と活用方法を考える」を特集テーマとし、国土交通省による特措法の概要のほか、国の法整備と自治体の条例の関係、特措法と他の法律との関係などについて、実務と法整備の両面から解説します。

 空き家を用いたビジネスの機会も増えています。不動産業界での空き家の有効活用の事例、自治体の空き家バンクの運用方法の分析など、不動産業界や自治体担当部署にとって参考になる内容です。


■空き家をめぐる現状と課題/小林秀樹

■空家等対策の推進に関する特別措置法」の概要及び
空家等対策の取組支援/国土交通省住宅局住宅総合整備課

■空き家問題と自治体
―これまでとこれから/榎本好二
■空き家バンク制度の分析と展開/霜垣慎治

■「法律家の視点からみる空き家問題/小澤英明

■不動産業界における空き家対策/周藤利一 

読み切り


第65回“社会を明るくする運動”
 ―犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ―に寄せて
 「犯罪に戻らない・戻さない」ために/押切久遠


最近の判例から


責任を弁識する能力のない未成年者の親権者の監督義務者としての責任
―サッカーボール事件最高裁判決
最高裁平成27年4月9日第一小法廷判決/菊池絵理

連載


英米法研究 第70回――岡原記念英米法研究会
 証券発行開示書類における意見の記載と米連邦証券法11条(a)項/田中利彦


ひろば時論
■更生ペンギンのホゴちゃん

■訟務局の新設と新たな法的支援制度

●ひろば法律速報

●訟務情報

次号予告:危険ドラッグの規制と薬物事犯者への処遇・支援


 2014年に危険ドラッグの使用や、危険ドラッグ吸引後に交通事故を起こして摘発された人数は840人。取締りの強化で販売店は減少しているものの、インターネット通販に切り替える業者も存在し、若年層でも入手できる状況が続いています。

 特集では厚生労働省による解説や警察庁による取締りの現状の紹介のほか、そもそも「危険ドラッグ」とは何なのか、なぜ広まっていったのか、国際的な背景や日本の薬物問題の中に位置づけて考えます。また、刑務所での薬物依存者の処遇、出所して社会復帰した後どのような支援を行っているのかを紹介します。

図書分類

この商品を買った人はこんな商品も買っています


ページ上部へ